【カンボジア】食べ方解説!孵化寸前のアヒルの卵『ポンティアコーン』のお味は?オススメの屋台の場所は?

カンボジアには、屋台料理である、孵化寸前のアヒルのゆで卵『ポンティアコーン』という衝撃的な食べ物があります。しかし現地の方にとってはポピュラーなおやつなのです。

卵をつつくと、人間でいう胎児のような形が出来かけていて、正に孵化寸前の状態で食するのです。

カンボジア(シュムリアップ)に行く前は、絶対食べることはないと思っていたのですが、バンデアイスレイ遺跡(アンコールワットから車で40分)に行った帰りに、ガイドさんから屋台へお誘いいただき、恐々食べることになりました。

食べてみたら、意外や意外、見た目のグロテスクさとは別に、とても美味しかったのです!!食べたことのある方は、ほとんど美味しいと言いますので、日本人の口に合うと思います。

それでは『ポンティアコーン』の食べ方、味、食べれるおすすめ屋台など詳しく書いていきたいと思います。

『ポンティアコーン』の食べ方

まず、屋台で注文すると、↓写真左のような赤いお皿のセットが出てきます。

  • 白いゆで卵(ポンティアコーン)←注文した個数
  • ライム
  • 香草
  • コショウ(テーブルに置いてある場合もあり)
  • エッグスタンド
  • 小さなスプーン

ここでまず、ゆで卵をエッグスタンドに立てらせておきます。

この時は、一緒にカンボジア版お好み焼き(写真右)とカンボジア版たこ焼き(写真左上)も一緒にオーダーしました。

調味料を好みで合わせる

緑の小皿に、出されたものと、テーブルに置いてある調味料をお好みで合わせます。胡椒(カンボジアのは世界一と言われている)、ニンニク、唐辛子調味料などに、ライムを絞ります。ニンニクは多めの方が美味しいです。この調味料が味の決め手になります。

卵をつついて、イザ実食

いよいよ、小さなスプーンで卵の上をコツコツとつついて穴を開け、上の方の殻を手で取り除きます。いきなり、アヒルの子と「こんにちわ」しちゃうんじゃないかと、ドキドキでした。

おおっと。鶏っぽい、まさに孵化寸前のアヒルの胎児の一部が見えてきました。これを勇気を出して、スプーンでほじくり出します。

まさに胎児の頭、くちばし、体、手足がうっすらとあります(泣)ずるずるっと出てきました。

『ポンティアコーン』のお味は?

先程合わせた調味料につけて、思い切って食べてみたら、先程の調味料のニンニクが効いていて、美味しい!ナニコレ珍味食感は半分、孵化しかけのアヒル胎児の軟骨や柔らかい体の感じ、半分は茹でた黄身になっていて、味は本当に美味しいです。熟成させた旨味の濃い卵という感じでしょうか。

溜まっているスープは、栄養があるので、調味料を入れて飲んでください。茹ですぎの場合、スープが無い場合もあります。茹で加減が生っぽくて茹でなさすぎの場合もあり、その場合言えば、取り替えてもらえます。

栄養価も高く滋養強壮に良いので、現地の人が風邪を引いたときには、『ポンティアコーン』を食べるそうです。旅の疲れをとるのに最適だと思います。

『ポンティアコーン』はどこで食べれるの?

ズバリ、屋台です。

カンボジアでは屋台が朝、昼、晩と、食事時になると屋台街が出現します。家では食べない人が多く、みんな屋台で食べるので、たくさん人が集まります。

観光客が行く場合には、人が入っていて、できるだけ清潔なお店に行くことをオススメします。半生の食べ物なので、古いものだとお腹を壊す可能性があるためです。

シュムリアップでのオススメは、「キョンギュウの屋台ストリート(プラウ・ホックセップ)」です。ここはゴミゴミとお店が密集すぎず、わりと清潔感があり、日本人の駐在員の方も食べにくるそうです。なんと、遊園地まである大きな屋台街です。私が行ったときには、ネクタイを締めたスーツ姿の男性も食べていました。

ここで食べたポンティアコーンは、作り立てで茹で具合もちょうど良くて、美味しかったです。回転が悪いお店だと、茹ですぎてたりして味が微妙になってしまうので、注意です。

シュムリアップのキュンギュウ屋台ストリートへの行き方

場所はアンコールワット遺跡の南東にある、アンコールワット遺跡の入場券売り場のすぐ南側の、60号線沿いです。夕方から、オープンします。(18時~22時頃)

ガイドブックaruco「アンコール・ワット」の地図に、キュンギュウの屋台ストリートは載っています。巻末の地図の、カンボジア全体の次のページ「アンコールワット遺跡群とシュムリアップ」という割と広域地図の真ん中あたりです。

オールドマーケットからだと、トゥクトククで15分ぐらいでしょうか。かなり有名な屋台街なので、ドライバーならみんな知っていると思います。「プラウ・ホックセップ」と言った方が通じるかもしれません。

地元の方しかいませんが、ひるむことはありません。みんな優しいです。

『ポンティアコーン』があるお店の目印は?注文の仕方は?

ズバリ、店頭で卵を温めているお店です。

好きな席に座ったら注文を取りにきてくれます。メニューはないので、口頭か指差し注文になります。「ポンティアコーン」を〇個と注文してください。まずは一人1個が無難です。似た卵の料理で「ポーンモアンアン」という焼き卵料理もありますので、間違わないようにしてください。

飲み物を頼むこともできるし、持ち込んだ飲み物を飲んでもOKです。

カンボジアでは、昆虫を揚げた珍味も有名ですが、それよりも、是非『ポンティアコーン』を試してください。日本人は好きだと思います!

では、Let’s enjoy!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です