瀬戸内・香川県のアートと猫島巡りin瀬戸内国際芸術祭

2019年に開催された瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内の島々を巡って、アートと島猫ちゃんに会ってきましたので、ご紹介したいと思います。

今回、行ってきたのは、男木島、女木島、豊島、本島、粟島、伊吹島です。

島にいる島猫ちゃんたちは、街中の猫と違って、人を怖がらず、とっても人懐っこいのが特徴です。島の人が温かく見守っており、えさをやっているので、人間を怖がらないのです。

香川県高松港から船で行ける瀬戸内海の島々では、3年に1回瀬戸内国際芸術祭を開催しており、芸術祭で作られたアートが年中見れるところもあります。アートと猫ちゃんの両方楽しめますので、猫旅にオススメです。

男木島の猫とアート

ここが一番、猫ちゃんたちが多くいます。高松港からフェリーが2時間に1本出ています。めおん号と言って、とっても可愛いフェリーで40分で到着します。

最初に女木島に立ち寄るので、そこでは降りずに、次に停まるところが男木島です。

降りたところは、いきなりアートな建物(スペインのジャウメ・ピレンサさんの作品)があります。乗船券売り場やトイレがあります。

男木島は、坂の多い島なので、歩きやすい靴で行ってくださいね。

港では、いきなり猫ちゃんたちのお出迎え。

白いソックスを履いたような猫ちゃん。堂々としていて、餌をねだるわけでもなく、人間がいても、気高くキャットウォークしていました。「ここは私のお庭だけど、何か。」ボス猫かな。

港近くに、たくさんの猫ちゃんたちがいますよ。午後のまどろみ。

小さな神社の前にいた、島一番の美人猫。立つと毛並みもふっさふさ。スタイルもグラマーです。

ほら見て、私のスタイル。さぞモテモテなのかしらねぇ。(猫のモテる基準は違うと思うけど)

おすすめランチ・カフェなどは、別記事に纏めていますので参考にどうぞ。

瀬戸内国際芸術祭2019-『女木島』と『男木島』1日で巡る見どころ、ランチ~②男木島編~

女木島の猫とアート

高松からフェリーで20分のアクセス抜群の島。フェリーは、高松港→女木島→男木島→高松港と20分づつかかります。

フェリーを降りると、カモメのアートがお出迎え。風で向きを一斉に変える風見鶏方式。(なんと、あちこちに300羽もいます!)

船の到着に合わせて、女木島観光の目玉である洞窟へ行くバスが出ます。所要1時間で戻って来れますので、是非行ってみてください。

フェリーを降りたところにある建物の中で、バスの往復チケットが買えます。ここはコインロッカーや、レンタサイクルもあります。

洞窟から港へ戻ってきたら、猫探しスタート!

まず猫の餌場が八幡神社にあるので、そちらへ向かいます。港から海を背にして、右の方へ歩いていくと、松林が左手に見えてきます。その松林手前を左へ曲がり、島の奥へ入っていきます。少し歩くと、右手に八幡神社があります。その境内に、猫の餌場があるのです。その周辺で待ってると、じわじわと猫が出てきますよ。

凛とした黒猫ちゃん。魔女の宅急便にでてくるジジみたい。しばらくすると、兄弟が出てきました。

他にもいろんな猫ちゃんたちが出てきました。ここが一番の猫スポットでした。

モアイ像(女木島のシンボル)に手を振って、女木島にお別れしました~。

豊島(てしま)の猫とアート

豊島美術館があることで有名な島です。唯一無二の素晴らしい美術館なので、是非是非行ってみてください。

豊島美術館手前の道は、まるで海にダイブするんじゃないか、というインスタスポットがあります。↓(もう少し手間から写真を撮ると最高)

こちらの子猫ちゃん、潤んだ瞳でじっとこちらを見てきました。色が上品な美人猫です。

2019年8月に、豊島のultra 豊島出張所という、天然酵母のパン屋さんの前で遊んでいました。(硯地区(家浦港から豊島美術館に行く途中左手)にある)子猫ちゃんが3~4匹とお母さん猫が一緒で微笑ましかったです。

本島の猫とアート

本島への船は、丸亀市の丸亀港から出ています。最寄り駅は、丸亀駅(香川県)になり、高松駅から予讃線で40分かかります。丸亀港は、丸亀駅から徒歩10分弱で到着します。

アートは泊港周辺と、笠島地区に分かれていますので、レンタサイクルが便利です。(コミュニティバスもあります)

笠島地区は、古いまち並(国の重要伝統的建造物群保存地区)が有名で、豪邸も残っています。

アートを探していると、ん(。´・ω・)ん?アート?

と思いきや、微動だにしない猫ちゃんでした💦

なんか、視線を感じると思ったら。。。

こんなところにも。

あんなところにも。

道の真ん中にも。

海のそばで、たそがれ猫べえ。

粟島の猫とアート

粟島への船は、三豊市の詫間の須田港から出ています。最寄り駅は、詫間駅(香川県)になり、高松駅から予讃線で約1時間(14個目)かかります。1つ手前の海岸寺駅から詫間駅までの間には、一部海岸ぎりぎりを走るところがあり、まるで海の上を走ってるように見えるので、是非車窓を見てみてください。(進行方向右側)

船を降りると、小さな島にあるとは思えない、立派な粟島海洋記念館があります。1897年に開校した日本最古の海員養成学校を保存して公開しており、かつての船員たちの航海にかかわる資料なども展示されており、見ごたえがあります。

海沿いの道を歩いていたら、いたいた!おぬし、良い場所を見つけたね!

伊吹島の猫とアート

観音寺市にある、観音寺港から船で25分で伊吹島の真浦港へ到着します。最寄り駅は観音寺駅(香川県)で、高松駅から普通列車で1時間23分かかります。途中海岸寺駅から詫間駅までの間には、一部海岸ぎりぎりを走るところがあり、まるで海の上を走ってるように見えるので、是非車窓を見てみてください。(進行方向右側)

細い路地を歩いてたら、こんなところに、みーつけた!

港から右前の坂を少しあがったところで、人懐っこい猫ちゃんに出会いました。あとは、警察の駐在所の横で餌をあげているようで、そこにも猫ちゃんたちがたくさんいましたよ。

この作品は、伊吹島の出部屋の跡地に作られた、アート「伊吹の樹/栗林隆作」です。これは必見ですよ。巨大な万華鏡のようになっていて、太陽の明かりによって、刻刻と色が変わっていきます。

海辺にある「大きな椅子」。ここまでのアクセスが、実はすごいです。普通は階段にするだろう、とつっこみたくなる、ぎりぎり坂の状態でいる超急坂を恐々降りたところにあります。歩きやすい靴が必須です。

最後に

瀬戸内海のアートと猫島、いかがでしたか?香川県から行ける島を特集してみました。

男木島、女木島、豊島は高松港(高松駅そば)から行け、男木島・女木島は1日で2島回れ、豊島は、豊島美術館に必ず行ってみてください。

粟島、伊吹島は普段は観光客が少ないので、島民が温かいです。

そして人懐っこい猫に癒されて来てください~。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です